タイの学生ビザ 大学

タイで長く住みたい方が避けて通れないもの、それがビザです。

まだ就職や起業は考えていないけれど長くタイに居たい!そんな方には学生ビザが王道です。

私は いくつかの語学学校や大学で勉強しましたが、最もお勧めできるのはチュラロンコーン大学です。

理由は、チュラロンコーン大学の学生ビザだけは例外的に出国しなくても学生ビザが取れるからです。

通常ビザ(滞在資格)の変更はタイ国外のタイ大使館で取得した上で入国を許可されるのが通常です。

しかしノービザでタイに遊びに来ている人でも授業料さえ払えば出国することなくチュラロンコーンの学生ビザが手に入るのです。

チュラロンコーン大学はタイの大王の名前から取られている、タイで最も歴史のある最も偏差値の高い大学です。

多くの有名人や政治家はこの大学を出ており、チュラロンコーン大学卒かどうかで出世の限度が決まるとまで言われています。

それはそれで怖いですね。

バンコクの一等地サイアムにとんでもなく広い敷地を使ってキャンパスが作られており、専用のバスが何台も巡回しています。

チュラロンコンの所有敷地はBTSと呼ばれる電車の2駅×1駅に相当する広さです。

サイアム駅からすぐなのでぜひ見学に行ってみてください。

どれだけ国から優遇されてお金や特権のある大学か肌で感じることが出来ます。

また当然ながら大金持ちのご子息、美男美女が多いです。

そのような特権をうまく学生ビザ取得に利用させてもらおうではありませんか。

日本人はノービザで30日ステイできるで、何度も国外へ行ったり来たりするビザランもありますが、出来る回数に限度があります。

最近では特にビザランや観光ビザの取り締まりが厳しくなっており、学生ビザを検討する方が増えてきました。

また、せっかくタイにいるのだからタイ語を勉強したいとお考えの方も多いでしょう。

タイ語が上達すればするほどタイの良いところ悪いところがくっきりしてきます。

好きな相手とももっと分かり合える、こんなことなら分からない方が良かった、そんなことをあらゆる生活の場で毎日感じるようになります。

実はそんなタイミングで帰る人、残る人とはっきり差が出ます。

好きな人はとことん好き、嫌いな人は耐えられなくなる、そんなお国柄なんでしょうか。

私はタイ語を勉強しに来たものの、タイに魅せられてそのまま起業したタイプです。

そのレベルまで行くためにはそれなりの勉強が欠かせず、その為には時間がかかります。

チュラロンコーン大学は学費は高いですが、タイ語の習得とビザの両面で最もおすすめの選択です。

チュラロンコーン大学インテンシブコース

1コース2か月100時間、全9コース18か月 1コース28000バーツ(約10万円)

詳細を聞きたい方はこちら